ヘッドタグ シーバス釣り!大潮などの流れが早いときの対処法とルアー選びを初心者向けに解説! | りくの河川シーバス日記

【初心者向け】シーバス釣り、大潮などの流れが早いときの対処法とルアー選び!

シーバス入門

シーバス釣りを始めて何度か釣り場に足を運んでみて、流れが遅いときや早いときなど色々な状況があります。

その中で大潮などの日で

「今日めっちゃ流れ早すぎじゃない?」

こんな状況で何のルアー投げればいいの?ってかそもそもこんな早すぎる流れでシーバス釣れるの?

なんて思ったことありませんか?

私はシーバス釣りを始めて最初の頃はよく思っていました。。。

そこでこの記事では

・流れが早いときにシーバス釣れるのか

・何のルアーをどのように使えばいいのかの対処法

を初心者向けに分かりやすく解説していきます。

結論:シーバスは釣れます。流れの強さによってルアーを使い分ける

初心者の方にとっては流れが早いとやりずらく感じるかもしれません。

ですが流れが強いところに強い魚がいたり、橋脚の明暗の部分にシーバスがベイトを捕食するために待機していて流れが早くても攻略することで釣果が上がります。

まずはミノーを投げて巻かずにドリフトで流す

まずはフローティングミノーを投げてみましょう。あまり巻かずにドリフトさせるように流します。流れが早すぎてルアーの動きが破綻してしまう場合はルアーを変えましょう。

シンペンで流して誘う

シンペンもフローティングミノー同様にドリフトして流してみましょう。

ワームを使う

ロッドを立てて流してみましょう。ナイトゲームではなるべくスローで巻きたいところですが、水深と場所にもよりますが根掛かりには気をつけましょう。

まとめ

流れが早くてもシーバスは釣れます。

流れの速さに合わせたルアーを選んで、反転流などのポイントを狙うなどして河川シーバスを攻略しましょう。

最初は慣れなくてやりづらく感じるかもしれませんが、何度もやって経験を重ねていくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました