ヘッドタグ シーバス釣りの季節の別に攻略法を初心者向けに解説 | りくの河川シーバス日記

【初心者向け】シーバス釣り!シーズン別攻略パターン

釣り

初心者の方がいざシーバス釣りを初めてみて、シーバスは一番釣りやすい季節ってあるの?

そもそも1年中ずっと釣れるの?

そんな疑問を思ったことはありませんか?私は始めた頃は知識も一切なく全くありませんでした。。

そこでこの記事を最後まで読んで頂ければ、、、、

・全く釣れない時はあるのか
・季節によって変わるのか
・季節ごとの攻略の仕方

以上のことが分かります。それでは解説していきます。

結論 シーバスは年中釣れます!

シーバスは季節によって釣りやすい季節と釣れにくい季節はあるものの、絶対に釣れない季節はないのです。

冬は水温が下がりシーバスは水深がある深い沖へと移動する個体もいますが、大切なことは季節別に特性を知って理解することで最初の一本に近づくことが出来ます。

春のシーバス釣り

産卵後(アフター)シーバス

春のこの時期は産卵後のシーバスが小魚を活発に捕食する季節です。初心者の方でもシーバスを狙いやすい時期でもありますので積極的に釣り場に通いましょう。

バチパターン開幕

バチとはゴカイやアオイソメなどの多毛類のことです。春の大潮前後にバチは産卵のために水面に浮いてくることをバチ抜けといいます。

そしてこのバチに似た形状のルアーを使ってシーバスを狙う釣りがバチパターンです。

3月頃から南風の影響で浅い場所から水温が上がり初めていきます。地域や場所によっても変わりますが比較的全域でバチパターンが狙えます。

ここ近年は温暖化や環境変化の影響で予定よりもバチ抜けが早かったりなどがありますので、通っている地元の釣り場など注意深く観察してみるのもいいですね。

マイクロベイト・アミパターン

ルアーも小型にして狙いましょう。このシーズンはオカッパリから狙いやすいパターンが多く初心者にとっても釣りのやりやすい時期でもありますので機会がありましたらなるべく多く釣り場に足を運びましょう。

夏のシーバス釣り

水温が5月頃からどんどん上がっていきます。水中のプランクトン増えて小魚が沿岸に多く集まり適度な濁りも出ることによって釣りやすい状況になります。

ベイトは稚アユやイワシ、カニやエビなども捕食します。

濁りが出ることによってシーバスがルアーを見切りにくく騙しやすくなります。

沖堤防がハイシーズン

沖堤防周りにシーバスがつきやすい。潮の満干期によって周りの水が動き酸素が多く混ざることによってベイトも多くなります。そこでシーバスの回遊する個体数も増えれ釣れやすくなるのです。

秋のシーバス釣り

9月〜10月あたりから水質が少しずつ安定してくる頃です。シーバス釣りにとって気温も涼しくなり個人的には一番の好きな季節です。

私がシーバス釣りを始めた季節でもありますが、初心者の方にとってもシーバスが釣りやすいオススメしたい季節です。

サッパ・コノシロパターン

大型のシーバスが狙えるハイシーズンです。河川ではシャローエリアでもよく釣れる最盛期となります。

シーバスの活性も上がってきて積極的に捕食しているので、河川でのナイトゲームでは食わせやすい時期でもあります。河川シーバスのナイトゲームでのオススメルアーは

こちらの記事にてご紹介していますので良かったら参照ください。

冬のシーバス釣り

北風強くなり気温も下がって水温もどんどん下がります。河川の河口部も北風の影響で干潟も水温が冷たくなってきます。

低水温にになると餌となるベイトも減ってしまうので、なかなか釣れにくくなる時期です。

シーバスは浅い場所から深い場所へと移動します。シーバスアングラーにとって渋い季節となりますが、この季節ならではの釣り方やルアーセレクトすれば釣れますので攻略しましょう。

巻き速度はゆっくりで

水温がさがっている為にシーバスの活性も低下しています。そのため巻き速度はゆっくり巻いてシーバスを誘いましょう。基本的にはゆっくりと巻く釣り方が効果的です

レンジは下

冬のシーバス釣りは他の季節と比べて低いレンジで狙いましょう。私の今まで釣れた個人的な体感的にもボトム付近の方が釣果が多いです。オススメルアーはVJ16が効率的です。

詳しくはこちらの記事にてご参考下さい。

まとめ

シーバス釣りは季節によって捕食するベイトも異なり、その季節ごとに合わせた方法をすることによってシーバスを効率的に釣るこが安定した釣果が狙えます。

初心者の方やこれからシーバス釣りを始めようと考えている方は、情報を少しでも知ることと知らないでは釣果に差が出でしまいますので効率的に狙って最初の一本を釣り上げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました